肌荒れ対策(その2)

冬が近づいてきて、空気が乾燥する季節になってきました。

必然的に、お肌がガサガサになりやすくなってきます。

ガサガサ肌に効く栄養素は、・ナイアシン ・ビタミンB1 ・ビタミンB2  ・ビフィズス菌といわれています。

昨日は、ナイアシン(ビタミンB3)でしたが、今日はビタミンB1です。

ビタミンB1は、不足すると脚気を起こすことで有名な栄養素です。

ビタミンB1は、豚肉、うなぎ、玄米なんかに多く含まれています。

玄米は体にいいしカロリーも気になりませんが、豚、うなぎはちょっとですねえ。

ビタミンB1も、ナイアシンと同じで、サプリメントからある程度摂取を考えるのも手かと思います。

ビタミンB1は多量摂取をしても、そのまま排泄されます。


読んでいただきありがとうございました。

ポチッとしてもらえるとうれしいです。
人気ブログランキングへ

肌荒れ対策

冬が近づいてきて、空気が乾燥する季節になってきました。

必然的に、お肌がガサガサになりやすくなってきます。

ガサガサ肌に効く栄養素は、・ナイアシン ・ビタミンB1 ・ビタミンB2  ・ビフィズス菌といわれています。

ナイアシンとは聞きなれない名前ですが、別名はビタミンB3です。

ナイアシンは、皮膚や舌の健康維持、性ホルモンの合成に必須のビタミンです。

これが不足すると、肌荒れ、口内炎が起こりやすくなります。

ナイアシンを多く含む食品は、たらこ、落花生、牛レバー、さば等がありますが、これらの食品はカロリーが高めだったり、さばのように癖がある魚だったりするので、、サプリメント使って摂取するのも一つの方法だと思います。

ナイアシンはとりすぎるとうつ状態になることがありますので注意してください。



読んでいただきありがとうございました。

ポチッとしてもらえるとうれしいです。
人気ブログランキングへ